保険の種類

バックする

自動車を所有している場合、万一事故を起こしてしまった際の損害賠償等に備えて、任意保険に加入しておくことが一般的です。
最近は消費税の増税や円安に伴う輸入食品等の値上がりもあるので、少しでも固定費を削減したいと考える人も少なくないことでしょう。
そんな人は、更新を機に自動車保険を見直してみると、大幅な節約につながる可能性があります。
特に代理店型の自動車保険に加入している場合、通販型といわれるタイプの保険会社に乗り換えると、大幅に費用を節約できる可能性があります。
そうした見直しを行う際には、インターネットの比較サイト等の評判・口コミなども参考になります。
また、一括見積サイトを利用するのが非常に便利です。

代理店型と比べて通販型の方が料金が安い理由としては、通販型では代理店に支払う手数料を削減できるという理由があります。
また、代理店経由で販売している大手保険会社が、別に通販型の子会社を運営しているケースもあります。
ロードサービスなどは、代理店型と遜色のないサービスを提供していることが一般的になってきています。
なお、通販型の会社で加入する際は、自分の近くのサービス拠点の有無は確認しておく必要があります。
首都圏や都市部であればさほど問題はありませんが、地方の場合、近くにサービス拠点がないといった可能性もあります。
なお、等級による割引制度は、他の保険会社に乗り換えた際にもそのまま引き継がれますので安心して乗り換えができます。