近所の口コミ

検索する

自動車保険を契約する上で気になるのは保険料です。
そこで、契約の決め手に平均を知っておきたいですが、残念ながら平均保険料というものはありません。
というのも現在の自動車保険の保証内容はかなり細分化されており、車の使い方次第で契約内容が変わるため、そうなると当然、価格も変わってきてしまいます。
もちろん、車にあまり乗らない人、距離を乗らない人、運転歴が長い人など事故を起こすリスクが少ない人ほど保険料を安くできるでしょう。
そのため、自分の条件での平均を出してみる必要があります。
平均の出し方は複数社から見積りを出してもらい、その価格を比較してみることです。
この時に一括見積もりサイトを活用すれば余計な手間はかかりません。

国内初の自動車保険は1914年に誕生しました。
その当時は国内の保有台数が少ないことから特別な人しか持てない高価なものとされており、よって現在のような損害賠償目的ではなく、高級資産を守るために契約されていました。
それが高度成長期に入り、自動車の所有率が増えて一般化してくる頃、まだ慣れない車という存在や曖昧な交通規制のせいで交通事故が多発したのです。
交通事故では生身の人間はただではすみません。
怪我をしたり、後遺症が残ったり、最悪の場合は死亡してしまうでしょう。
そんな時、被害者に対しての金銭的な援助が必要になります。
そこで1950年以降は、高級資産を守るという目的から被害者への賠償を目的としたものに変わっていきました。