資料請求について

雪の中の車

自動車保険に加入する時には、代理店を通して契約をするもしくは消費者が保険会社と直接契約をするかのいずれかを選択します。
代理店にはディーラー、整備工場、専業代理店などがありますが、大半の方は自動車を購入した時にディーラーで契約をする方が多くなっています。
自動車保険は素人には難しいことも多いですが、代理店を通せば相談ができるため安心して契約ができます。
ただ、その反面では手数料がかかるため保険料は高くつくでしょう。
対して代理店を介さずに直接契約をする方法を通販型と言います。
ネットや電話で直接申し込みをして契約をしますが、保証内容などは自分で全て決めなくてはなりません。
ただ、代理店を通さない分、安く契約できるでしょう。

代理店は専門知識を持ったスタッフに相談ができるというのが大きなメリットです。
自動車保険の自由化以降は各社で特徴が大きく異なるようになり、さらに保証内容が細分化されているため、素人では自分に適した保証を組むのが難しいのが現状です。
だからこそ、自分に適した保証で契約をしたい、無駄なお金は払いたくない、自分で学ぶ時間がないという方に選ばれています。
よく仲介されているのはディーラーですが、代理専業店なら専業だけあって知識量が豊富です。
また、万が一の時には代理店の担当者が対応してくれるため、自ら保険会社と連絡を取り合う必要はありません。
通販型は原則として契約者が率先して動く必要がありますが、安いというのが大きな特徴であり、ネット手続きが充実しているという利点があります。